大正グルコサミンは手放せない必須アイテム|健康が笑顔の元

肝臓を助ける

疲れている女の人

働き

肝臓とは非常に重要な臓器であり、沈黙の臓器ともいわれています。肝臓の働きとしては、代謝を助ける、アルコールを分解、疲労回復などといった役割を果たしています。このような働きをしている肝臓は知らず知らずのうちに疲労がたまっている可能性が考えられます。そこで、肝臓に良い成分として摂取することが好ましい成分がオルニチンです。オルニチンは、遊離アミノ酸といってもともと私達の体内に存在する成分です。役割は、アンモニアや有害物質の解毒効果などが挙げられます。アンモニアには、脳を働かせる成分の生成を妨げる効果や体内に必要なエネルギー成分を送るのを妨げてしまうことなどもあるためできるだけ分解する必要があるのです。そこで重要なのがオルニチンなのであります。

食材とタイミング

次に、オルニチンが多く含まれている食品について紹介します。オルニチンが一番多く含まれているのはしじみです。よくお酒を飲んだ後はしじみ汁を飲むことが好ましいといわれていますが、オルニチンがたくさん含まれているからだと考えられます。また、キハダマグロやチーズ、パンなどにも含まれているので積極的に取ることがおすすめです。それから、オルニチンを摂取するタイミングも重要です。特におすすめなのは、運動後と就寝前です。運動後は筋肉が疲労状態にあるため疲労回復を促進してくれるといった効果が期待できるのです。同時に代謝を上げてくれるので脂肪燃焼にも効果的です。それから、就寝前については、寝ている間にオルニチンが活躍してくれるため疲労回復に効果があり、翌朝疲れが残らないからです。このように工夫して飲むことがオルニチンのパワーをより発揮してくれることに繋がります。