大正グルコサミンは手放せない必須アイテム|健康が笑顔の元

40から50代を乗り切る

微笑む女性

徐々に低年齢化の傾向あり

更年期と言えば閉経を挟んで前後5年の45歳から55歳位の10年間を言いますが、最近はプレ更年期と言って30代後半から40代前半でも症状が出る方が多くなってきています。プレ更年期は通常の更年期のように急激にホルモン量が低下するということではなく、年齢なりに卵巣機能が徐々に衰えてくることに加えてストレスが引き起こす自律神経失調症のような症状で更年期によく似ています。普段から生活に気を付けて運動不足を解消したり、栄養バランスの整った食事をする、睡眠を十分とる、ストレスを溜め込まないこと、規則正しい生活を送ることなどで自律神経を整えることが出来るので実行すると良いです。また、漢方などを取り入れることは更年期を軽く済ませるためにもお勧めです。

症状別の処方

更年期に使用する漢方薬は症状や体質によって様々ですが、比較的良く使われるものを症状と一緒に紹介します。一番ベーシックな漢方はホルモン系の臓器に栄養が送れなくなるので血流の改善などを目的とした婦宝当帰膠です。めまいが起こる場合には抑肝散加陳皮半夏・釣藤散など。すぐかっとしたり、イライラする、気分が不安定などの症状には加味逍遥散・開気丸などを使います。顔が火照って汗が出たり、寝つきが悪く手足がほてる症状には瀉火補腎丸や杞菊池黄丸や六味地黄丸など。冷えが以前に比べて酷く、トイレが近い、体がむくむなどには八味地黄丸や牛車腎気丸などの漢方が良いです。複合的な症状も多いので、この限りではありませんので漢方医と相談して下さい。